top of page
検索

日光東照宮の初詣情報

令和6年の初詣について


○元日深夜の参拝 当宮では、元日零時から午前1時30分まで表門を開き、境内にて令和6年初詣の受入れをいたします。

賽銭受けは陽明門前の石段下に設置し、お客様にはこの場所からご参拝いただきます。 

正月の縁起物・神符守札・開運おみくじ・御朱印は五重塔前の特設テント内で取り扱い、頒布時間は零時から午前1時30分までといたしますので、時間内にお求めください。

なお、以前、深夜時間帯に斎行しておりました新年特別祈祷祭は実施しません。新年特別祈祷祭は日中の通常開門時にのみ斎行いたします。


○通常開門時間の参拝 通常開門は午前9時から午後4時まで(参拝受付は午後3時30分まで)です。この時間内にご参拝願います。


○新年特別祈祷 元日以降の通常時間帯のうち、午前9時から午後3時まで陽明門内の東廻廊窓口で新年祈祷の申し込みを受け付け、祈祷殿にてご祈祷いたします。

但し、祈祷殿への昇殿方法は次の通りといたします。

 ① 昇殿して御祈祷を受けるのは申し込みをされた本人のみ。

 ② 申込者が子供(幼児など)の場合は親か同行者に代理で昇殿いただく。

 ③ 障害をお持ちの方は申込時に了承のもと最低限の同伴は可とする。

 ④ 一回の祈祷は20名くらいを目安とし、床几(腰掛け)を用いて行う。

 ⑤ 玉串拝礼は斎主に合わせて全員で列拝いただく。

 ⑥ 祈祷後の神札は各自お取りいただく。

  時節柄、上記の方法をご了承願います。


○正月縁起物の授与 五重塔前特設テント内にて、熊手・破魔矢・絵馬などの縁起物と開運おみくじを1月8日頃まで頒布いたします。


○御朱印紙の頒布 通常時間帯には、陽明門内の東廻廊窓口にて御朱印の受付を致します。但し、御朱印は予め用意した御朱印紙をお頒ちすることとし、朱印帳をお預かりしての記帳はいたしません。御朱印の受渡しは閉門30分前をもって最終受付といたします。

令和6年が平穏で良い年になりますよう祈念しております。


年末年始の行事のお知らせ


12月31日(日)大祓式(おおはらえしき) 半年の罪穢れを祓う儀式で、神職・関係者参列のもと行われます。(一般の方は参列できません。)


1月1日(月)○歳旦祭(さいたんさい) 国家の繁栄と国民の幸福を祈念する祭典。午前6時より斎行されます。(一般の方は参列できません。)


1月17日(水)○自衛消防隊機動班放水演習 国宝・重要文化財の建造物を守るため、当宮の職員が消火設備の点検と放水演習を行います。


以上


閲覧数:32回

最新記事

すべて表示
bottom of page